スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争は美しい! 美しすぎる!

アメリカ株、絶好調である。

私は、レイセオン、ロッキードマーチン、ジェネラルダイナミクスなどを所有しているが、やはり、軍産複合体関連株は強い。

しかし、前回、トランプがシリアに向けて巡航ミサイルをぶっ放したとき、ミサイル駆逐艦から、バッシュー、バッシューと次々と巡航ミサイルが発射され闇夜を上昇していくのを見たときは、やったーレイセオン上がる!と喜んだ反面、これで死者が出るんだろうな、と複雑な気持ちになったことも事実である。

しかし、闇夜を上昇してゆく巡航ミサイル。

なんて美しいんだ!

美しい、美しすぎる!

でも、それで人が死ぬ。

だから戦争は恐ろしいのだ!

しかし、闇夜の戦闘が美しいといえば、これはもう、湾岸戦争の「死のハイウェイ」だろう。

この事件は、民間車両に混じって撤退中のイラク共和国防衛隊の戦車に対して、米軍のフェアチャイルドA10が上空から30mmガトリング砲を掃射したものだが、当然、民間車両も巻き添えになり、多数の死傷者が発生したものである。

街道上で渋滞にはまっていた車輛に30mmガトリング砲を掃射したのだから、命中した順番に、街道沿いに爆発を伴いながら、炎が一直線に伸びて行ったはずである。

この攻撃は夜間に行われたから、遠くから見れば、実に美しかったはずである。

どの映画監督でもよいから、映像化してほしい!

ニュルンベルクのマイスタージンガー序曲をバックに流しながら、A10が反復攻撃する場面を撮影すれば、それはもう、美しいはずである!

戦争は美しい!

だから、怖いのである!
スポンサーサイト
プロフィール

真の愛国者 ゆりか

Author:真の愛国者 ゆりか
これまでは、
のりか 青プリン早川を論破
ゆりか toraを「輔弼」で論破
日本のためにならないことは許さない!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。