FC2ブログ

ゆったり生活している非正規雇用者と追い立てられるように働いている正社員(社畜)と、どちらが良いのかということ

全雇用者に占める非正規雇用者の割合が増えていることが、失業率が低下しているのに平均賃金が上昇しないという、現代日本の不思議の答えである。

このことをもって、格差拡大とか二極化とかいう議論があるが、いかがなものか?

これは、個人の労働観の問題で、衣食住に困らず、そこそこ楽しみもあって、年に2~3回くらいは旅行に行ける、という生活ができれば、それ以上は望まない、という日本人が増えているからではないか。

そのような人にとっては、正社員(社畜)としてあくせく働くより、自分のペースに合わせて、ゆったり働くことができる非正規雇用のほうが良いのだ。

一方、良い時計、良い服、良いクルマ、一戸建て、なんていう昭和マインドの人は、正社員としてバリバリ働くのが良いのだ。

これは、個人の労働観の違いで、どちらが良いとか悪いとか言えるものではない。

個人の考え方の違いなのに、これを格差と呼んでいいのであろうか?

これは、格差ではなくて、単なる生き方(働き方)の違いである。

益々、お金なんてそこそこあればいい。家族との時間を大切にしたい、という人が増えていくのではないか?

そして、必要最低限の金銭収入を保証するベーシックインカムという考え方がこれからクローズアップされてくることだろう。
スポンサーサイト
プロフィール

真の愛国者 ゆりか

Author:真の愛国者 ゆりか
これまでは、
のりか 青プリン早川を論破
ゆりか toraを「輔弼」で論破
日本のためにならないことは許さない!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR