スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブランド物なんて馬鹿らしい という人々が増えている!

背伸び消費については、地方都市の問題点として、そもそも、人口規模の影響で、背伸び消費してくれる層が、ある程度のマスを形成できるほどの規模にないこと。

そして、その都市が、ある程度の人口規模でも、背伸び消費してくれる層が地元で消費せず、ストロー効果で東京に行ってしまうこと。

などが、最大の原因と言われている。

しかし、私は、かつてのような背伸び消費をしてくれる層自体が絶滅危惧種であると思っている。

今の20~30代の人たちの考え方は、良く言えは堅実、悪く言えばケチだ。

かといって、まったく消費しないわけではなく、自分の価値観で判断して、価値があると判断したものにはドーンと消費する。

つまり、個人の価値観に左右された背伸び消費であり、マスとして捉えるのが非常に難しい集団である。

かつての、ブランド物に象徴されるマスとしての背伸び消費は終わったと思う。

この、個人の価値観に左右された背伸び消費を押さえていくことが、これからの企業にとって重要である!
スポンサーサイト
プロフィール

真の愛国者 ゆりか

Author:真の愛国者 ゆりか
これまでは、
のりか 青プリン早川を論破
ゆりか toraを「輔弼」で論破
日本のためにならないことは許さない!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。