FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国時代の合戦と現代の戦争を同じ土台で分析するのはいかがなものか!

戦争において、前線への補給が続かなければ、いずれは攻勢限界点に到達して侵攻が停止する。

理の当然である! 現代ならね。

戦時国際法に縛られる現代の軍隊と、戦時国際法なんかクソ食らえ、というかそんなもん存在しない!戦国時代の武士団は補給という概念が全く違うのではないか?

戦国時代の武士団なら、食料を現地調達(つまり略奪)しながら、どこまでも前進できるのではないか?

ま、問題は、火縄銃の火薬と弾丸だ。

でも、全員分の食料を運ぶのと比べれば簡単なことだ!

つまり、戦国時代の武士団は、補給に縛られず、どこまでも前進できる最強の軍隊である!

パットンも真っ青だ!
スポンサーサイト
プロフィール

真の愛国者 ゆりか

Author:真の愛国者 ゆりか
これまでは、
のりか 青プリン早川を論破
ゆりか toraを「輔弼」で論破
日本のためにならないことは許さない!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。