都議選の敗因をズバリ言ってやろう!

私は、かなりガチガチの自民党支持者である。

いつものことながら、負けのパターンがあるのに、どうして自民党幹部は気付かないのだろうか???

ほんと、悲しくなる!

今回に限らず、自民党の負けパターンをズバリ言ってやる!

1 所属議員の日本語が意味不明になる

今回の都議選の際中に稲田防衛大臣が、自衛隊としてお願いしたいと失言したが、これだけでは大したことではない!

謝罪して撤回したのだから、何の問題もない!

ところが、釈明の仕方が悪すぎる。

誤解、誤解と、まるで誤解した国民が悪いような言い方。

これでは、まともな感覚をもった国民が敵に回ってしまう。

2 足を引っ張る議員が出てくる

稲田防衛大臣発言をそれ見たことかと批判する石破茂のような者が出てくる。

これでは、自分の党もまとめられないのかと、まともな感覚を持った国民が敵に回ってしまう。

3 総理大臣への忖度が度を越す

安倍総理が、街頭演説で安倍やめろと叫ぶ群衆に対し、「誹謗中傷では何も生まれない。あんな人たちに負けるわけにはいかない。」と叫んだそうだ。

まったくそのとおりである。

ところが、安倍さんが、見事、反論した際、東京都連の青年部が「自民党青年部」という横断幕をあんな人たちの前に設置して、安倍さんから彼らを見えないようにしたそうだ。

忖度が度を越している!

どこかの独裁国家じゃあるまいし!

これでは、国民の言論を力で封じるのかと、まともな感覚を持った国民が敵に回ってしまう。

1~3の相乗効果!

かくして、負けるのである。

ほんと、悲しくなるわ!

毎度のことなのに、いい加減気付け!
スポンサーサイト
プロフィール

真の愛国者 ゆりか

Author:真の愛国者 ゆりか
これまでは、
のりか 青プリン早川を論破
ゆりか toraを「輔弼」で論破
日本のためにならないことは許さない!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR