プレミアムフライデーなんて止めてしまえ!これ以上、働かなくなってどうする!

OECD(経済協力開発機構)が2012年の国別労働時間を発表している。

これによると、我が国は35か国中15位だ。

14位のあのイタリアより労働時間が少ないのだ。

もう一度言う、あのイタリアより少ないのだ!

世界ふしぎ発見で、パリで弁当が流行しているということを放送していた。

その中で、なぜパリで弁当が流行しているのか、という問いに、弁当屋の経営者が、次のように答えていた。

「パリでは、昔のように1時間も2時間もかけて昼食をとるということがなくなった。みんな早めに昼食を済ませるようになっている。」

フランス人も、昼食の時間も惜しんで働くようになっているのだ。

それなのに、プレミアムフライデーなんていう下らないことをやって、これ以上、日本人が働かなくなってどうするというのだ!

こんな調子だと、それでなくても我が国の労働生産性は低いのに、どんどん国際競争力が低下して、近い将来、発展途上国に転落してしまうのではないか。

それでなくても、山の日とか、海の日とか、訳の分からない休日が増えている。

もう、これ以上、働かなくなるような政策は止めるべきだ。

プレミアムフライデーなんか、止めてしまえ!
スポンサーサイト
プロフィール

真の愛国者 ゆりか

Author:真の愛国者 ゆりか
これまでは、
のりか 青プリン早川を論破
ゆりか toraを「輔弼」で論破
日本のためにならないことは許さない!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR